抜染プリントなオリジナルTシャツ

抜染プリントなオリジナルTシャツ

抜染プリントという方法は、脱色効果のあるインクを使用することによって、Tシャツの生地自体の色を抜くことによって、柄を表現するものです。
独特の雰囲気を持つ仕上がりになります。
単色なので、色の濃淡で柄を表現することになります。
細かなデザインの場合はうまく色が抜けない場合があるので、どちらかというと大胆なデザインに向いたプリント方法といえるでしょう。

インクを生地にのせないので生地そのままの風合いが保てるので、オリジナルTシャツを柔らかいイメージに仕上げることができます。
Tシャツの色によって抜ける色が違ってきます。
同じTシャツであっても、メーカーやロットによって抜ける色に若干違いがでてくるため、大量に作成した場合でも、すべてがまったく同じになるとはかぎりません。
また、色を抜いて表現するので、当然のことながらボディの色は濃い色を選んだほうが濃淡がしっかりと表現できて仕上がりがきれいでしょう。

洗濯すればするほどに風合いが変化して、着れば着るほどに変化が楽しめるオリジナルTシャツとなるでしょう。
ナイロンやポリエステルなどの化学繊維にはプリントできず、また漂白剤やドライクリーニングもできません。

四色分解なオリジナルTシャツ

四色分解なオリジナルTシャツ

四色分解というプリント法は、写真などのフルカラー原稿をプリントする際に使用します。
通常、フルカラーで表現させるものはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色を掛け合わせてそれぞれの色が表現されています。

家庭用のインクジェットプリンタを思い浮かべるとわかりやすいですが、カラープリンタには最低この4色がセットされているはずです。
この4色のどれとどれを混ぜるか、どの色を薄くして濃くするのかを調整するだけで、基本的にすべての色を表現できるわけです。
つまり、見た目は4色以上を使用しているにも関わらず、四色分解プリントにすれば必要な版は4枚のみということになります。
オリジナルTシャツの胸元に写真や絵画などをプリントしたい場合に最適です。

ただし、この4色のみでは表現しにくい色というものもあり再現性という点では限界があります。
そのため、残念ながら原画とは色合いが多少異なります。
さらに、四色分解プリントは落ちにくいというメリットがありますが、ナイロンやポリエステル素材にはプリントできません。

アメリカンラバー(発泡、蛍光)なオリジナルTシャツ

アメリカンラバー(発泡、蛍光)なオリジナルTシャツ

アメリカンラバーには、ほかにもいろいろと種類があります。
特徴的なプリント法を選んで、個性的なオリジナルTシャツを楽しめます。
例えば、発泡プリントというものがあります。
ラバープリントの立体版で、モコモコとした丸みのあるプリントが特徴です。
ふわふわした仕上がりがとてもかわいらしく、女性に人気があるプリント方法といえます。
手触りも独特で、とても楽しい気分になるのではないでしょうか。

実際のインクが膨らむため、生地から飛び出したようなプリントが非常に印象的でしょう。
ただし、細かい線や点の表現には向かず、さらに、発泡で膨らむため、色の発色が薄い仕上がりになるという難点があります。
また、ナイロンやポリエステル素材にはプリントできません。
ほかには、蛍光プリントなどもあります。

その名の通り蛍光色でプリントするもので、ビビッドなネオンカラーが鮮やかで、人目を惹くのに大きな効果があるでしょう。

アメリカンラバー(普通色、金&銀)なオリジナルTシャツ

アメリカンラバー(普通色、金&銀)なオリジナルTシャツ

アメリカンラバーはアメリカのプラスチゾルタイプのインクを使用した、もっともポピュラーなタイプになります。
普通色のもののほか、金や銀のものがあります。
金や銀を使用すると光沢のある質感で高級感が出て、ゴージャスな仕上がりになります。
アメリカンラバーはゴム系の質感があるのが特徴で、1色ごとに1版製版をおこして、インクで直接生地に刷り込むプリント方法です。

発色、耐久性、表現力に優れています。
版は初回に作成すればその後も使用できるため、オリジナルTシャツの注文枚数が多いほど1枚単価が安くなります。
追加で同じものが必要になった場合にも、版を再度作成する必要がないのでお得ですね。
注意点としては、この方法で作成したオリジナルTシャツはドライクリーニングができません。
ドライクリーニング液は、インクの溶剤に近いのでプリントが落ちたり剥がれたりしてしまいます。

また、インク面に直接アイロンをかけることもできません。
さらに、ポリエステル素材のブルゾンには、時間の経過と共にプリント面に生地の色が浮き出る場合があります。

シルクスクリーンで作るオリジナルTシャツ

シルクスクリーンで作るオリジナルTシャツ

学園祭や会社のイベント、人気アーティストのコンサートなど、さまざまな場で活躍するオリジナルTシャツ。
結束を高めるためであったり、スタッフと一般客を区別するものであったり、さまざまな用途があります。
オリジナルTシャツの印刷方法にはいろいろとありますが、一般的にはシルクスクリーンという方法が多く使用されます。
これは、決まったデザインを「版」と呼ばれるものに起こし、専用のインクで布に直接印刷します。
色あせが起こりにくく耐久性があります。

色ごとに版が必要となりますので、印刷サイズはもちろん、何色で印刷するかで価格は変わってきます。
ちなみに、カラー写真をプリントしたい場合は、カラー分解用の版が必要となり、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの最低4色の版を必要とするため、転写プリントなどのほかの印刷方法を選んだほうが賢明です。

シルクスクリーンの場合、印刷代のほかに版代が別途かかるため、たくさん作れば作るほど割安になります。
シルクスクリーンとひとくちにいっても、さまざまな印刷方法がありますので、いくつか紹介しましょう。

電話占いのメリット

電話占いのメリット

電話占いのメリットといえば、いくつもありますが、まずは、24時間いつでも占ってもらえるということ。

心配事や悩みというのは、特に夜、一人でいる時にどんどん考え過ぎてしまったりしませんか?
でも、普通の占いだとなかなか深夜に家にいる状況で占いをしてもらうということはできません。

そんな時、電話占いなら電話が掛けられさえすればいいのです。
こんなにうれしいことはないですよね。
それに、携帯電話を使って自分の部屋から掛ければ、家族と同居の方でも完全にプライバシーは守られます。
電話占いをしているということも、家族に気付かれずに済むから、心の微妙な問題まで占ってもらえて、すっきりすることでしょう。

それにもちろん、電話占いをしてくれる占い師は、一流の占い師の方ばかり。
一流の方と、一対一でじっくり占いをしてもらえる機会は、なかなか作ることが出来ませんが、電話占いなら気軽に占ってもらうことが出来るようになります。
占い方法を指定することもできるから、しっかりと結果を教えてもらうことが出来ます。
ぜひ一度、気軽に試してみてはいかがでしょう。